ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーエンジニアの求人案件 > フリーランス大学 > コラム > iOSもAndroidも同時に開発できる!クロスプラットフォーム開発ツール7個

2017-01-31

iOSもAndroidも同時に開発できる!クロスプラットフォーム開発ツール7個

01


異なるプラットフォームで同じ仕様のものを動かすことができるクロスプラットフォーム開発。フリーランスとして活動しているシステムエンジニアなら、クロスプラットフォームでの開発経験のある方も多いでしょう。

今回はそのクロスプラットフォーム開発ツールについて、スピーディな開発が可能なツールをいくつかご紹介します。

クロスプラットフォームとは?

まず、クロスプラットフォームとはどういうものか、そしてどのようなメリットがあるのかについて基本をおさらいしておきましょう。

通常、例えばWindowsとMacのように異なるOS(あるいは機械)上で動くプログラム開発には、それぞれに対応したツールで個別に開発をおこなう必要があります。近年多くのアプリがリリースされているスマートフォンアプリでも同様、iOS とAndroidそれぞれに対応した開発を必要としています。

しかし、最近になり1つのツールで双方に対応したアプリを同時に開発できるクロスプラットフォーム開発ツールがリリースされ注目を集めています。

このクロスプラットフォーム開発ツールを使えば、どちらのプラットフォームでも同じ処理をおこなう部分は共有し、異なる処理をおこなう部分はそれぞれの仕様に応じてカスタマイズすることができます。これによって、開発にかかる時間を大幅に削減することが可能になりました。

クロスプラットフォーム開発ツール7個

では、スマートフォン向けアプリ開発を例に挙げ、iOS とAndroid向けのアプリを同時に開発できるクロスプラットフォーム開発ツールをいくつかピックアップし、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

1. Unity

7-1
公式サイト

Unityは主にゲームアプリ制作に使われる開発ツールです。エディター拡張機能、プラグイン、モデルデータなどのアイテムが充実しているアセットストアも無料(一部有料)で利用可能であり、クラウドビルド機能も実装されているため複数人での開発も容易です。

2. Monaca

7-2
公式サイト

使い慣れたVisual Studioでクロスプラットフォーム開発をおこなえるのがMonacaです。もちろんクラウドビルド可能となっています。

面倒な開発環境のセットアップなしで利用でき、開発スキル習得に関する多くの講座が開講されているため初心者でもとっつきやすいツールであるといえるでしょう。

3. Xamarin

7-3
公式サイト

Xamarinは、C#で記述し.Net環境でクロスプラットフォーム開発がおこなえるツールです。OSに依存するインターフェイスやデバイスなどの処理についてはソースを分け、ロジックについては共通化するという特徴があります。

ただし、英語版しかないため英語が苦手な方は慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

4. cordova

7-4
公式サイト

Cordovaは、以前はPhoneGapと呼ばれていた比較的歴史の長い開発ツールです。オフィシャルツールとしてCordova CLIが提供されており、これを利用するとコマンドラインツールでPC上でのシミュレートからビルドまでおこなうことができます。

JavaScriptやHTMLといったウェブ開発の技術でモバイルアプリを開発できる点も特徴です。

5. Cocos2d-x

7-5
公式サイト

中国企業のChukong Technologiesによって開発されたクロスプラットフォーム開発ツールがこのCocos2d-xです。2Dゲーム開発用として非常に優れた特徴を持っており、全ての機能を無料で使える点や軽量で快速であることなどから多くのユーザーがCocos2d-xを使ってゲームアプリを開発しています。

6. TitanumMobile

7-6
公式サイト

TitanumMobileは米 Appcelerator 社が提供している開発ツールです。JavaScript で開発をおこなうことが可能であり、オープンソースソフトウェアであるため商用・非商用を問わずに無料で利用できる点も特徴となっています。

7. Visual Studio

7-7
公式サイト

Visual Studioはマイクロソフトが提供する開発ツールです。基本的にWindows上で動作するプログラムを開発するツールですが、Xamarin やCordovaなdの拡張機能を実装することによりC#やHTML5でネイティブアプリを開発することができます。

おわりに

クロスプラットフォーム開発ツールはさまざまなプログラミング言語に対応したものが次々とリリースされ、開発環境も充実してきました。ネイティブアプリ開発者にとって、クロスプラットフォーム開発ツールはなくてはならないものといえるでしょう。

より効率的に、よりスピーディに開発がおこなえる自分好みのツールを見つけ出し、良質なアプリを世に送り出したいものですね。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社