解決済
@question.user.nicknameゆうと東京都 プログラマー 経験8年目2016年12月14日 12時36分

できる部下への教育方法について悩んでいます

36ページビュー1コメント

私の会社では今まで、プログラミングの能力が低い部下が多く採用されてきて、そのような部下を任せられてきました。5人目の新たな部下を任せられることになったのですが、その部下はプログラミングの能力も高くほとんどなんでも自分一人でこなせてしまうような人物です。私はいままで解らないという部下に技術的なアドバイスをし、ある程度部下を管理してきましたが、できる部下にはそのような手段を取れません。皆さんはそのような部下がいる場合どのように接して管理するべきだと思いますか?

  • ベストアンサー!
    0グッド!
    イワタシステムエンジニア(SE)2016年12月15日 14時55分

    「プログラミングの能力も高くほとんどなんでも自分一人でこなせてしまうような人物」であるならば、特に技術面での教育には、さほど気にかけなくていいのではないかと思います。おそらくそういう人は技術面の勉強を自分から進んでされると思いますから。
    但し、プログラミング技術に問題はなくても社員として、もしくは社会人として、そして更には今後担うであろう上流工程に関わる部分での教育は、上司である管理者がやはり意識しておかねばならないと思います。
    では当面何をするべきか。
    自分の経験上で申し上げますと、まずは単純に毎日の「声かけ」です。何でもいいと思います。例えば「調子はどう?」とか「順調?」というような軽い感じで構いません。そしてできればそこから何かしらのコミュニケーションを取るようにします。極端な話、それが雑談になってもいいと思います。要は放ったらかしにしないということです。
    更に技術面などで申し分ないのであれば、あなたから逆に相談を持ち掛けるというのも一つの手です。例えば、「○○さんが、プログラムのXXXXXで悩んでいるんだけど、何かいいやり方がないかな?」とか、「今△△△△△なことを検討しているんだけど、それってどう思う?」というように、あなたが今考えていることを彼にも話して意見を聞いてみたりしてはいかがでしょう。また場合によっては時期を見て彼にサブリーダー的な役割を担ってもらうのもいいかと思います。
    このようなことをしていくことで、上級技術者になるために必要なヒューマンスキル面での教育を行えますし、何より「自分が必要とされている」ということを彼に意識させることにも役立つと思います。
    但し、気をつけなければいけないことは、あまり引っ張り過ぎないことです。というのも、自分一人でこなせてしまうタイプの人によく見受けられるのですが、必要以上に構われることを嫌う人がけっこういらっしゃるからです。そういうタイプの人である場合、変に深入りしてしまうと逆効果になりますので注意してください。

    回答のURL