フリーランスや個人事業主をアシストしてくれるオンライン秘書サービス5選

無料相談フォーム

会社員からフリーランスに転身すると最初に直面するのがその雑務の多さ。会社員時代は自分の所属する部署の業務範囲が定められており、その範囲内の仕事をすればよかったのですが、フリーランスになるとさまざまな雑務を自分ひとりで処理しなければならなくなります。アシスタントを雇えば解決するのでしょうが、金銭的な余裕もあまりなければ採用に手間もコストもかかるためあまり現実的ではありません。

そこで頼りになるのが最近ブームのオンライン秘書サービス。ネット介して短時間から秘書的サービスを利用することができるため、忙しいフリーランスに大人気です。そこで今回は今注目のオンライン秘書サービスについて、使い勝手の良いサービスをいくつかピックアップしてご紹介いたします。

オンライン秘書サービスとは?

女性

オンライン秘書サービスとは、その名の通りインターネットを通して秘書としての業務を受発注するプラットフォームです。もともとはオンラインアシスタントやバーチャルアシスタントなどのサービス名で事業を展開しており、電話やメールで簡単に業務をお願いできるアシスタントとしての役割を果たしていたサービスです。
メールの確認や返信、名刺管理、スケジュール管理、出張手配、契約書作成補助など幅広い業務に対応しており、月単位や1案件単位で契約することが可能です。

フリーランスや個人事業主をアシストしてくれるオンライン秘書サービス5選

では、フリーランスが雑務をお願いするというシチュエーションを想定し、"使えるオンライン秘書サービス"をいくつか見ていきましょう。

1. Genny(ジェニー)

Genny「ジェニー」 優秀なオンライン秘書(アシスタント)

オンライン秘書サービスの草分け的存在がこの「Genny」です。大手メディアでもたびたび紹介されており、そのクオリティの高さは折り紙付きです。初回の10日間トライアルプランであれば、時給60円でサービスを利用できるキャンペーンを行っており、多くの利用者を集めています。対応可能業務も幅広く、中小企業の社長なども登録・利用しているそうです。

2. CasterBiz(キャスタービズ)

alt
公式サイト:CasterBiz | オンラインアシスタントならキャスタービズ

通常の秘書業務に加え、Web運用に関する業務も受託し「優秀なリモートで働くアシスタント」を実践してくれるのが「CasterBiz」の特徴です。通常の秘書サービスをはじめ、クラウドツールの導入サポートやSNSの運用代行、クラウドソーシングのディレクションといったフリーランスにとってありがたいサービスを提供しているのも嬉しいですね。月額費用も120,000円(1か月30時間まで)と比較的リーズナブルです。

3. Kaori-san(カオリサン)

公式サイト:Japanese Virtual Assistants and Virtual Telephones - Kaori-san

展開しているサービスがすべてグローバル対応という特徴を持つ「Kaori-san」。日本、中国、韓国、アメリカに在籍しているアシスタントがフリーランスの業務を代行してくれます。すべてのアシスタントがバイリンガル対応であるため、例えば英語が苦手なフリーランスでもアメリカの企業と取り引きすることが可能となります。利用料金も依頼可能リクエスト6件まで4,980円/月と非常に安く、手軽に導入することができますね。

4. CLARY(クラリー)

公式サイト:CLARY クラリー | オンライン・マルチリンガル・アシスタント

4ヶ国語対応のオンライン秘書/アシスタントとして一躍有名になった「CLARY」。Airbnbなどの顧客対応に活用している方も多く、ここ数年で急成長しているサービスです。対応言語は英語・中国語・日本語・ドイツ語の4つ。Webメディアを4カ国それぞれの言葉に翻訳してアップするサービスなど、インバウンド需要を見込んでいるフリーランスの強い味方となります。

5. i-Staff

公式サイト:優秀なオンライン秘書(アシスタント)ならI-STAFF(アイスタッフ) |

業界唯一の返金保証付きサービスを謳っている「i-Staff(アイスタッフ)」。サービスに満足しなかった時には料金が返金されるという特徴があります。逆に言えばそれだけサービス内容に自信があるということの表れでしょう。通常の秘書業務や経理業務に加えて、webのディレクション業務なども担当してもらえるためフリーランスにとって非常に使い勝手の良いサービスとなります。

オンライン秘書に雑務を任せて業務に集中しよう

パソコン

フリーランスはただでさえ雑務が多くなる傾向にあります。その分本業に集中することができず、なかなか収入を増やしていくことができません。しかし、このようなオンライン秘書サービスを活用することにより、雑務処理の時間を本業の時間に充てる余裕が生まれます。雑務に追われて本業になかなか集中できないでいる方は、このようなサービスの利用を検討してみるのも一つの手ですね。

雑務処理が苦手なフリーランスはオンライン秘書サービスを利用するのがおすすめ

オンライン秘書サービスには、可能な業務内容や業務範囲、料金など各社特徴や違いがあります。自分がどのようなサービスを望んでいるか、また将来的に事業をどう伸ばしていきたいかなどをじっくりと考え、それにふさわしいサービスを選定してください。そうすれば、この先の事業拡大の強い味方となってくれること間違いなしですよ。

最新のオンライン秘書サービスが知りたい方は「フューチャリズム」で相談!

「どのオンライン秘書サービスを利用したいいかわからない」
「報酬が低い」
「支払いサイクル遅い」
「今の現場ではスキルアップできない」

その悩み、「フューチャリズム」が解決します!

85%以上の利用者の収入アップを実現させてきた「フューチャリズム」が、あなたの悩みを解決させます!

おすすめの案件

この記事の監修

西方

キャリアアドバイザー
案件調査、営業サポートを行っております。幅広く案件をご提案させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します!
スキル : HTML/CSS、JavaScript、Adobe Illustrator/Photoshop/Premiere、PCキッティング 等

この記事をシェア

はてブでブックマークする

記事についてのお問い合わせ・ご相談

フューチャリズムでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

記事についてのお問い合わせ