【Java求人の単価相場はどれくらい】案件の特徴と今後のニーズの動向

Javaプログラミングを得意としているエンジニアは多いと思います。特に企業における基幹系システムの開発など、エンタープライズ系プログラミングに携わってきたエンジニアはJavaを得意とする人が多いでしょう。
そんなJavaエンジニアは、今後も引き続きJavaを使用した開発案件はあるのか、また単価相場はいくらなのかは気になるところだと思います。
Java案件の相場について様々な観点から調べてみました。

フリーランスエンジニアは稼げる時代!しかし...

パソコン

SNSなどのコミュニケーションツールの多様化に伴い、Web開発技術をより簡易に開発できるツールや言語が普及しています。JavaScript、PHP、Pythonなどのインタプリタ―言語はWebアプリケーションの主にフロントサイド開発における主流となってきています。これらの言語は、コンパイル無用でOSSで利用できることから多くのエンジニアが使用しています。そして、その簡易に開発できる言語という特性から、Web開発における需要が高く、フリーエンジニアには重宝されている言語です。
そんな中、従来の基幹系アプリケーションの主流言語であるJavaの活用動向はどうなるのか。はたして、Javaエンジニアは淘汰されていくのでしょうか?

言語によって単価は上下する

フリーエンジニアが携わる案件の多くは、Webアプリケーションの開発ではないでしょうか。Webアプリケーション開発案件で、中小企業のコーポレートサイト開発、BtoB、CtoCのマッチングサイト構築などでフリーエンジニアの需要は高いです。また、これらのWebアプリケーションを開発する言語にも流行があり、それらの言語を身につけていることがフリーエンジニアとして活躍できるかに関わってきます。
そして、使用する言語によって単価は上下するので、極端な話、お金になる言語とならない言語があるのです。

Java求人の単価相場

男性

現在のJava求人の単価相場はどのくらいなのでしょうか。仕事を引き受けるうえで、単価相場を知っておかなければ損をすることもあります。
しかし、実際の単価相場は案件により様々ですので、平均値を経験年数別でご紹介します。

単価表

Javaの中でも、基幹系やandroid系で単価相場は異なるようです。また、経験年数が上がるにつれて、単価も上昇しています。

相場は58万円から68万円

Java求人の単価相場としては、経験年数にもよりますが他の言語と比べると比較的高単価です。Webフロントサイドの開発言語であるJavascriptやHTML5などのインタプリタ言語は、活用の場が特定されることとプログラム言語としては難易度が高くないため、Javaに比べると安価となっています。

実務経験年数別の単価相場目安

Javaの求人だけではありませんが、経験年数によって単価も異なります。

経験年数別Java単価

  • 1~2年:43万から48万
  • 2~3年:53万から58万
  • 3~5年:58万から63万
  • 5年以上:63万から68万

プログラミングスキルに加えて上流工程の設計スキルがあればさらに単価は上がっていきます。

Javaの特徴

パソコン

Javaを必要とする案件は幅広くありますが、大きく基幹系、Web系、Andoroid系に分けてみると、基幹系はWebインタフェースでもリッチクライアントアプリとしても実装ではJavaが活用されます。とくに、Webインタフェースを使用した基幹系アプリケーションでは必ずJavaスキルが必要となります。
また、Web系としては簡単なホームページアプリから大規模なものまで、Javaを使用すればある程度のことは実装できるでしょう。このようにJavaは他のインタプリタ言語に比べると活躍の幅が広い言語だといえます。

Webシステムの中で一番需要が高い

Javaのニーズが多い理由は、大規模な基幹系システムから簡易なWebシステムに至るまで幅広く対応できる汎用性の高さにあります。銀行ATMなどもJavaで開発されていることからその信頼性の高さがうかがえ、システム開発におけるスタンダードになっているといえます。

COBOLの汎用系システムのWeb化(オープン化)案件も増えている

IPAが発行している「ソフトウェア開発データ白書」によると、調査対象となったIT企業(約35社)が抱える4067プロジェクト中、約3割がJava案件、約1.5割がCOBOL案件、次いで1割がC言語案件となっていて、日本のシステム開発の多くはJava、COBOLからなるシステムが多いことがわかります。それに加え、COBOL技術者の減少に伴い、COBOL系汎用システムの分散システムへの移行(オープン化)が進んでいることによって、COBOLからJavaへの移行案件も増えてきています。

金融系においてはJavaのスクラッチ開発の案件は少ない

金融系においては、COBOLによる計算処理の信頼性から、積極的なJavaへのリファクタリングの需要はないと考えるのが無難でしょう。むしろERPの導入やCOBOLとWebクライアントのインタフェースを繋ぐ業務システム案件の需要がこの先高まっていく傾向にあるようです。

【最新】Javaの今後の動向

女性とパソコン

Javaは安定したプログラム言語として幅広いエンタープライズプログラムに使用されています。汎用系システムから分散環境への移行によるJava活用だけでなく、Webアプリケーション開発、組み込みデバイスの開発まで需要は幅広いです。最近ではWebアプリケーションのフロントエンド技術の多くはその扱いやすさから、PHPやJavascript、Pythonといったインタプリタ言語が多くの開発者に親しまれています。
しかし、これらの言語はJavaが備えるセキュリティ、メモリ管理、正常性チェックといった機能には対応していないため、Javaがこれらの言語にとって代わることはなく、サービスに応じた活用の仕方でバランスよく棲み分けて活用されているといえます。

単価相場が大きく動くことはない

Javaの単価相場は、ガス電力自由化に伴うシステム設計・開発・運用に関する求人でIoTエンジニアの需要が高まりに比例して一時的に高騰しましたが、今は元の状態に落ち着いています。IT最新動向によるニーズはありつつも、時勢による単価相場の変動はあまりないでしょう。

Javaの全体案件数は増えもせず減りもせず

Javaの求人案件については、幅広く普及している言語であることからレガシーシステムのリプレイス案件からWeb関連、Iot、Fintchなど最新技術開発でも利用されているので需要が落ちることはなさそうです。
また、Java全体の需要推移としてもIPAの「ソフトウェア開発データ白書」では2014年以降、全体の3割程度のプロジェクトで使用され、2016年版でも同程度の割合で使用されているので、案件の増減はなく安定して求人があると考えてよいでしょう。

Javaのニーズは引き続き高まる

男性

Javaの需要はWebアプリケーション案件だけではなく、その信頼性の高さから組み込み系システムへの活用も多くあります。現在ではすべてのモノがインターネットで繋がる「モノのインターネット(Internet of things)」が当たり前ですが、通信デバイスモジュールとしてJavaが活用されていることからIoT関連の案件が多い傾向にあります。
また、IoTプラットフォームとしてクラウド(PaaS)環境の開発などの案件もあり、Javaのニーズは増加傾向だといえるでしょう。

IoTでJavaが選ばれる理由

IoT開発においてJava案件が多いのは、以下のような理由があります。

1.標準APIが多数用意されている
-ネットワーキングから並行処理までライブラリが用意され、コードを記述しなくてもそのまま利用でき、開発効率がよい
2.環境に依存しない
-PCでも組み込みでも環境に依存しない動作が可能で、デバイスを意識する必要がない
3.リソース要件が低い
-JavaはわずかなRAMで動作することができる。組み込みデバイスをターゲットとした「Oracle Java ME Embeded」は128KのRAMと1Mのフラッシュメモリ、ROMで動作する

これらの理由から、IoT案件ではJavaが主流と捉えて良いでしょう。

Fintech案件などはやや高傾向

IT技術動向で目覚ましいのはIoTだけでなく、仮想通貨などのブロックチェーンを用いたFintech関連の開発案件もあります。他のWebシステムリプレイスや業務システム系案件に比べるとやや高めの単価設定がされています。以下がその一例です。

例.【LAMP環境】フィンテックを活用した会計サービスシステムの開発:月額 ~850,000円
例.【Node.jsエンジニア募集】ブロックチェーンを用いたAPI開発:月額~700,000円

Futurizm - Java案件紹介ページはこちら

これらの案件は、Javaスキルに加えてブロックチェーン技術やクラウド環境に関するスキルなど、プラスアルファのスキルセットが必要になります。

Javaエンジニアが高単価の案件を獲得するためのポイント3つ

パソコン

Javaエンジニアにとって需要は安定傾向にあることが分かりました。それでは、その需要の中でいかに高単価の案件を獲得するにはどうすればいいのか、絶対に外せないポイントを3つご紹介します。

Javaアーキテクトを目指す

Javaエンジニアとして活躍するには、PGスキルだけではなく、システムアーキテクトとしてのチカラも要求されます。ERP導入にしても新規開発案件だとしても、システム全体を効率化するためのデザインができるエンジニアには高額の単価が設定されます。

クラウド環境における開発経験を積む(AWS)

企業におけるシステム利用はクラウドファーストで(金融系、基幹系はその限りではない)経営方針を計画することは当然と捉えられています。業務アプリケーションもクラウド前提で開発する必要があり、AWSのPaaSサービスなどをおさえておく必要があるでしょう。
IoTプラットフォームも大手クラウドサービスが提供しているので、組み込み系Javaの開発もクラウド前提で考えておく必要があります。

Scalaを学ぶ

Javaスキルをもつエンジニアはscala、kotlinといった言語も押さえてくとよいでしょう。どちらもJVM上で動作するオブジェクト指向言語で、Javaよりも簡易なコーディングで実装できます。また、scala技術者の年収は世界的にみても高い傾向があります。

国内の求人においてもscala案件は技術者がまだ少ないこともあり、単価が高額に設定されています。

例.【Scalaエンジニア募集】綱島/即日/広告配信および配信結果の分析システムの開発:月額 ~800,000円

Futurizm - Scala案件紹介ページはこちら

Javaエンジニアの単価は当分大きな変動はない

Javaエンジニア向けの求人は、基幹系システムにおけるERP導入や、Webアプリケーション新規開発案件、また銀行ATMのような組み込み案件からIoTデバイスの開発、Fintch関連など幅広く需要があります。そのため、Java関連案件における単価設定は時勢による変動はあまりないことがわかりました。
高額な単価が設定されるのは、より高いフリーエンジニアのスキルに対して設定されているといえます。システム設計ができるアーキテクトの要素、Fintech、IoT技術スキル、scalaなどの技術者が少ない分野でのスキルなど、Javaを取り巻く動向を押さえてよりよい案件を獲得しましょう。

フューチャリズムに登録する3つのメリット

本記事をご覧いただきありがとうございます。
フューチャリズムは、フリーエンジニアの方々を対象に案件をご紹介するエージェントサービスです。常駐型案件を多く揃えており、安定した収入を得るお手伝いをするとともに、さまざまな特徴で多くのフリーエンジニアから利用されています。

1.キャリアビジョン優先型の優良な高額案件

新卒・中途・エンジニア領域を含め年間2,000名以上マッチングを成功させてきたポート株式会社だからこそ、優良企業、成長企業からの高額案件が豊富で、85%以上の方が前職からの収入アップに成功しています。

2.案件参画後も続く継続的サポート

キャリアビジョンの方針が変わったとしても、お気軽にご相談ください。変更後のキャリアビジョンに合わせて最も効率的なプランを一緒に模索し、長期的にご支援させていただきます。

3.2,000名以上のエンジニアを支援経験

スキルやフレームワーク単位はもちろん、多種多様な開発ジャンル・希望される年齢層・クライアントの性質など、細かいレベルでの市場動向が把握できているので、幅広く柔軟な対応が可能です。

フリーエンジニアのことならなんでも相談にのります!
初めてのフリーエンジニアの方はもちろん、今までフリーランスで働いていたけど他の案件との比較をしてみたいという方も多くご登録いただいております。

まずは、お気軽にご登録ください。

フリーエンジニアについて疑問をお持ちの方へ

フューチャリズムでは年間2,000人以上のマッチング実績のある
専任コンサルタントが、フリーランスに関する疑問に無料でお答えします!

例えばこんなことが無料で聞けます /

  • 現在のスキルで
    通用する?
  • 会社員の時より
    収入は増える?
  • 時間や場所に縛られず
    働くことはできる?

電話またはメールで回答するので、
空いた時間に相談可能です!

今すぐ相談する
Banner 02Banner 02 sp
おすすめの案件

この記事をシェア

はてブでブックマークする

記事についてのお問い合わせ・ご相談

Futurizm では、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

記事についてのお問い合わせ