Rubyの案件・求人と単価 | フリーランスが知りたい特徴と最新動向【2021】

Rubyのスキルは国内で需要が高まっています。しかし、Rubyを扱える人材は不足しています。そのため、Rubyの求人は高単価であることが多いです。
ここではRuby案件の特徴やフリーランスの求人、今後のニーズの変化など、Rubyの仕事を検討しているフリーランスエンジニアの方が押さえておくべき情報をご紹介していきます。

Rubyのフリーランス向け案件・求人の単価はどのくらい?

Ruby案件の単価は平均80万前後

お金

Ruby案件の単価は、週5日稼働の場合で月80万円前後が相場となっています。他の言語(たとえばPHP、Javaなど)は月50~60万円前後のものが多いです。そのため、同じ条件で比較した場合、Rubyの求人は全体的に単価が高いといえます。
これは、Rubyを理解し、書くことのできるフリーランスの人数が極めて不足しているという状況がそのまま価格に反映されているためであると言えます。また、求人の多くが東京に集中しているというのもRubyの特徴です。地方での案件数は限らるため、都内在住ではない方がRuby案件を探すには東京、またはその周辺県に上京する必要があります。

Rubyの案件例
【Rubyエンジニア募集】原宿/大手グルメ口コミサイトのアプリ開発
【Rubyエンジニア募集】有楽町/即日/大手企業向けの出張精算システム開発
Ruby案件一覧を見る

Ruby案件の経験年数による単価の上昇

Rubyは常に人材不足といっても過言ではない状況ですので、Rubyができるというだけで重宝されることは間違いありません。しかし、その分しっかりと実務経験を積んでいることも重要視されます。
実務経験が1~2年で不明な点を質問しながら業務を行う場合は月に40~50万円、3年以上の場合は月70万円以上が目安で、業務や普段の勉強を通じて能力を上げていけばいくほど単価も上昇します。

Ruby、Ruby on Railsの特徴

Rubyは日本で生まれたオブジェクト指向スクリプト言語

パソコン

Rubyは日本人のソフトウェア技術者である「まつもとゆきひろ氏」が開発した言語です。様々な処理を短いコードで記述し、高速処理を行うことができる優れものとして世界中で人気を集めています。また、日本でもWebサービスなどでRubyを取り入れる企業が年々増えている状況です。
しかし、古くから使われているJavaやPHPを利用し続けているところもまだまだ多いため、意外にも国内でRubyを使える人は少ないのです。

Rubyが企業に採用される理由「Ruby on Rails」

近年、Rubyを用いたWebサービスが急増しています。特に有名なフレームワーク「Ruby on Rails」を用いて作られたものは大変多いです。大量のデータを扱う通信を行う際、記述量の少ないRubyを使うことで、できる限り高速な処理を行えるというのが強みになっています。

Rubyで開発されている代表的なサービス

Rubyを利用している代表的なサービスには、フレームワークRailsを用いて開発されているものが多くあります。たとえば、料理のレシピを投稿するサイトである「クックパッド」や飲食店の口コミを投稿できるサイトである「食べログ」などがあります。
不特定多数の人が投稿可能であり、かつ膨大な量のデータを容易に取り扱うことができることはRubyならではの特徴であるといえます。その他にも、日本最大級のクラウドソーシングサービスである「クラウドワークス」、スマホアプリとしても人気を集めている「Gunosy」もRuby on ralisで開発されています。
このようにRubyが人気である大きな理由にクラウドプラットフォームであるHerokuと連携していることが挙げられます。Herokuは、Rubyで利用できるクラウド型プラットフォームです。俗にPaaSと呼ばれるプラットフォームで、ホスティングサービスであるため、自社でサーバを立てる必要がありません。そのため、簡単にアプリケーションを稼働できます。Herokuを使用することでインフラ構築のコストを削減することができ、さらに稼働までをスピーディーにできます。拡張機能も高くスケールアウトも簡単であるため、さまざまな案件で利用されています。

【最新】フリーランス向けRuby案件の今後の動向

Rubyエンジニアは引き続き需要が高い

パソコン

Railsに代表されるような軽量で使いやすいフレームワークの登場により、RubyはますますWebサイト・Webシステムの開発において重宝される言語となってきています。今後、Rubyのフレームワークを用いて自社サイトを新規開発・リニューアルする企業がますます増えてくることが予想されますので、Rubyエンジニアの需要は引き続き高いといえます。
Rubyを使える人がより多く必要とされているのに、Rubyの学習者が同じペースで増えているわけではないので、高単価の案件獲得を目指す方には狙い目です。

特にRailsを使えることは強みになる

近年、Rubyの案件が大変多い状態が続いていますが、中でも安定して数多く存在するのがフレームワーク・Railsを用いた案件です。上で紹介したクックパッド、食べログをはじめとして、様々なWebサービスがこのRailsを用いて開発されています。
有名で影響力のある企業が積極的にRailsを用いていることで、中小・ベンチャー企業も影響を受けてRailsで自社開発するということも大いに考えられます。

Rubyでフリーランスはできる?在宅案件の需要

前述したように都内ではRubyのフリーランス案件も多くあります。しかし、それらの内、在宅案件は数が限られています。Rubyを使用した開発はアジャイルで進められていることが多いため、柔軟な対応が必要だからです。
しかし、中には在宅で求人を出している案件もあるので、全くの0である訳ではありません。初めは常駐でも途中からリモートを許可する場合もありますから、エージェントに詳細を確認するのも一つの手です。もし在宅案件を探すなら、自社開発案件を探すといいでしょう。

フリーランスが高単価の案件を獲得するためのポイント4つ

Rubyを使用したWebサービス開発経験を積む

パソコン

Rubyはその高い需要にも関わらず人材が不足していることから、簡易的なものであれRubyを使ってWebサービスを一から制作できるというだけでも重宝されます。だからこそ、Rubyに関して幅広い知識を持っており、様々な機能を自力で実装できるエンジニアはどんな企業にとっても欠かすことのできない人材となります。
しっかりとしたWebサービス開発の経験があることで、高単価案件の獲得が可能になるのです。中には、経験者のみを対象にした単価が月100万円以上の求人も存在します。

Rails以外のフレームワークも経験する

Web系でRubyの案件といえば7~8割がRailsを用いたものというのが現状ではありますが、Rubyという言語そのものに関する理解を深めるためにも、様々なフレームワークを経験しておくことが重要となります。例えば、できる限りコードを書く量を少なくするべく設計されたSinatraRamaze、多言語対応やメール配信のテンプレートなど、様々な便利な機能を有するPadrinoなどがあります。これらのフレームワークを扱った案件は少ないながらも存在しており、習得している人も非常に少ないので、知っていると選択肢がさらに広がります。
また、他の言語のフレームワークを経験することで、フレームワークの仕組みそのものをより深く理解できます。例えば、日本で特に人気を集めているPHPのフレームワーク「CakePHP」は、Railsで用いることのできる機能をPHPでも実現できるように作られたものです。言語は違えど、フレームワークの仕組みが共通しており、どのような点で便利なのか実感できるでしょう。

フロントエンド開発スキルを習得してフルスタックエンジニアになる

Rubyはサーバーサイドの言語なので、バックエンド側の実装で用いられます。しかし、多くのRuby案件はWebサービスの開発です。HTML・CSSやJavaScriptを利用したフロントエンドが得意な人がいなければ、良いサイトを構築することはできません。だからこそ、バックエンド・フロントエンドの両方のスキルを持ち合わせていると大変な強みになります。
実際、フルスタックエンジニアとしてRuby on RailsによるWeb開発に携わっているフリーランスは軒並み単価が高い(月70~90万円)です。

クライアントの目線で開発ができるエンジニアへ

クライアントは、プラグラミングなどの難しい知識をもっていないことがほとんどです。そのため、目に見えてわかりやすく、かつ優れたものを開発することができれば、当然、採用されやすくなります。UXを重視し、ユーザー目線、クライアント目線に立って開発することで案件獲得がしやすくなるでしょう。
また、クライアントとの折衝ができる人材は、より高額な案件で募集されていることが多いです。コミュニケーションを上手に取れる方、クライアントの意向を柔軟に理解して対応できる方などはとても強みをもっていると言えます。

Ruby案件の単価は高く、需要は今後伸びていく

RubyはWebサイト・システムなどの開発において大変重宝されており、需要が高まっている言語でありながら、他の言語と比べて人材が不足している状況のため、Rubyエンジニアの単価は総じて高い状況です。日々勉強を重ね、Webサービスの開発経験を積んでいくことで、欠かすことのできない人材となり、ますます高単価の案件を獲得することが可能になります。
近年様々なWebサイトで使われているRailsを中心としたフレームワークを習得し、余裕があればWebでは欠かせないフロントエンドのスキルも磨いておきましょう。

高単価案件やスキルアップ案件を紹介!フリーランスエンジニア専用サービス「フューチャリズム 」

「報酬が低い」
「支払いサイクル遅い」
「今の現場ではスキルアップできない」

その悩み、「フューチャリズム」が解決します!

85%以上の利用者の収入アップを実現させてきた「フューチャリズム」が、高単価+スキルアップ案件を、最速支払い(15日サイト)でご提案!

おすすめの案件

この記事の監修

新門

キャリアアドバイザー
私はこれまでに、多数のフリーランスエンジニアのご支援をさせて頂きました。20代前半~50代後半、スキル領域問わず案件のご提案が可能です。また、稼働後の様々な調整も丁寧に対応させて頂きます。フリーランスとしての各種ご相談、お待ちしております。

この記事をシェア

はてブでブックマークする

記事についてのお問い合わせ・ご相談

フューチャリズムでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

記事についてのお問い合わせ