PHPの案件・求人と単価 | フリーランスが知りたい特徴と最新動向【2021】

Web開発言語として人気のPHPは案件・求人の数が多い傾向にあります。しかし、Webサービスの開発にRubyやPythonが使用されることもあり、PHPの案件・求人動向が気になっているフリーランスエンジニアの方も多いのではないでしょうか?
そこで、PHP求人・案件の特徴や単価、今後の需要動向について詳しく解説していきます。

例:実際のPHP案件・求人の一例をご紹介します。以下に詳細情報が掲載されています。

【PHP】カーシェアリングサービス新規開発 / ~70万
【PHP/Laravel】御成門/歯科医院向けキャッシュレスサービスのバックエンド開発 / ~70万
【PHPエンジニア募集】池袋/即日/宿泊施設予約サイトシステム開発 / ~80万

PHP案件一覧を見る

PHP案件・求人の単価はどのくらい?

パソコン

まずは、PHPを使用した求人案件の単価相場についてみていきます。多くのエンジニアが得意としているPHP開発はどれくらいの単価でフリーランスエンジニアを募集しているのでしょうか。

単価相場は65~70万円

多くのPHP案件・求人の単価相場は65万~70万円前後、案件によっては80万以上のものもあります。単価の高さから、需要の高さが伺えるでしょう。

実務経験年数別の単価相場目安

PHPの単価相場はエンジニアの経験年数によっても大きく異なります。そのため、経験が浅いと上記でご紹介した単価相場を下回る場合もあります。

PHP案件・求人の経験年数別単価相場

  • 1~2年:48万
  • 2~3年:58万
  • 3~5年:63万
  • 5年以上:68万

経験年数の相場としては、スクリプト言語(PHPやJavaScriptなど)はJavaなどに比べると同じ経験年数でも比較的安価な設定がされる傾向にありますが、PHPは経験年数の比較だけでいえばJavaなどと同様の単価設定がされているようです。単価からもPHPの需要の高さがわかりますね。

 PHPの案件一覧を確認する

PHP求人案件の特徴とフレームワーク

プログラミング

次は、PHP案件・求人の特徴についてみていきましょう。どういった特徴があって、多くのエンジニアが使用しているのかでしょうか。

フレームワークの利用がWebサービスのサーバーサイド開発を後押し

Webサービスのサーバーサイド開発でPHPの需要が高い理由として、関数などの機能を持つスクリプト言語でありながら、Webサービスに必要なシステムの大半を開発できるほど機能が多岐にわたる点が挙げられます。
特に最近では、LaravelとCakePHPの台頭により、チームでの開発を効率的に行えるようになりました。今後もフレームワークを利用したPHPによる開発は、多くのプロジェクトで見られるでしょう。

他の言語より比較的単価が高い

他のWebシステム開発におけるスクリプト言語、例えばJavascriptやHTML・CSSなどと比べると、単価は高い傾向にあります。これは、PHPがサーバサイド開発言語であり、多くのWebシステムに採用されていて需要が多いからです。

他言語との組み合わせによる需要が多い

PHPはWebサービスのサーバサイド開発で使用されます。そのため、Webサービスを構築する他の言語との組み合わせでの需要が高いです。データベースであれば、MySQLやPostgress、フロントサイド開発に必要なJavaScriptやHTML5など、Webを構成する要素とあわせたスキルを求められる傾向にあります。
もちろん、PHPによるサーバサイド開発だけでも需要はありますが、その他関連する言語も合わせて身に着けておくことで、より案件獲得の確率は高まるでしょう。

Webサービス企業と受託会社系の案件では単価が異なる

PHP開発案件の中でも、Webサービス企業の開発案件とそれ以外の受託会社系案件では単価相場に違いがあります。例えば、ソーシャルメディアの配信やWebゲームサービスの配信といったWebサービスでは比較的単価が高い傾向にあるようです。

・【Python/PHPエンジニア募集】会員数150万突破の大人気Webサービスの開発:月額~700,000円
・【PHPエンジニア募集】スマホゲームアプリのサーバサイド開発:月額~750,000円
・【PHPエンジニア募集】ゲーム用プラットフォームの開発および運用業務:月額~800,000円

※Futurizm:PHP案件ページより紹介(募集終了の案件は削除されている場合があります)

【最新】PHP求人・案件の今後の動向

スマホ

Webサービスで需要が多いことが分かったPHPですが、その開発案件は今後増えていくのでしょうか。最新の求人動向をみていきましょう。

引き続きニーズは一定数ある

PHPは学習難易度が比較的容易であることと、Webサービスを開発する上でのサーバサイド開発に必要な機能を多く持ち合わせていることから、多くの企業のWebサービスで活用されています。案件規模としては、小規模、中規模企業のWebサービスで広く使われています。
そのため、開発案件のニーズは引き続き安定しているでしょう。

PHPは世界的なシェアがあるので動向を確認

サーバーサイド開発では、PHP以外にRubyを使用する案件も存在します。以前はRubyの需要が高まっていたことで、PHP案件が減るのではないかといわれていました。しかし、LaravelとCakePHPの台頭もあり、PHPのシェア減少までには至っていません。日本で人気の高いRubyよりも、世界的に普及しているPHPのほうが息が長いといえるでしょう。
ただし、PHPは記述する際の自由度が高く、コードがばらつきやすい弱点があります。開発段階で支障がなくても、確認作業や保守の段階で第三者がコードを理解するのに時間がかかるため、シンプルに記述可能なPythonが使われるケースが増えてきました。今後もPythonのシェアが拡大することで、PHPの需要が減る可能性も否定はできません。

PHPでフリーランスはできる?在宅案件の需要は?

PHPが使われるWebサービスは主にチームで開発が進められ、複数の担当者が対話をしながら仕様を固めていきます。そのため、全体の案件数に比べて完全在宅の案件数は多くありません。
ただし、最近では新型コロナウイルスの影響でリモートワークが定着しつつあり、フルリモートではなくても、週2~3日勤務や打ち合わせのみ出社という案件が増えています。
PHPは活躍できる領域が広く汎用性が高いことから、案件自体も多様化が進んでいます。リモートでスムーズに開発を進められるスキルを磨きつつ、柔軟な働き方を進めている企業案件を探すと良いでしょう。

フリーランスのPHPエンジニアが高単価の案件を獲得するためのポイント2つ

握手する男性

案件により単価が様々であるPHPですが、できるなら高単価の案件を獲得したいですよね。そこで、高単価のPHP案件に参画するための重要ポイントを2つご紹介します。

1.サービス利用者数が多い案件を狙う

高単価のPHP案件が欲しい人は、BtoC向けのWebサービス案件を狙いましょう。特に大手のWebサービスであれば、サービス規模に比例して利用者が多く、これらの案件は単価が高く設定されている傾向にあります。

2.大規模サービスの経験を積む

利用者数の多い大規模サービスはサービスレベルも高く設定されており、PHPのプログラムスキルで受託したとしても、サービス規模に応じた可用性や保守性を考慮した開発能力が求められます。そのため、Webサービス案件の中でも大規模サービスの開発を経験することで、顧客からの信頼度も上がり、利用者数の多いWebサービス案件を獲得できる可能性が高まるでしょう。

PHP案件・求人は今後もニーズがある

PHPはWebサービスのサーバーサイド開発言語として多くのWebサービスに活用されているため、開発案件も一定数のニーズがあります。単価相場は65~70万で、利用者数の多いWebサービス案件では単価がより高くなる傾向にあります。また、エンジニアの人材が不足しており、利用者数の多いWebサービスではPHPフリーランスエンジニアの需要が高まっているといえるでしょう。これらの案件を獲得するためには、大規模なWebサービス案件の特性を踏まえた開発スキルを持つことが非常に重要です。
経験年数の少ないPHPエンジニアの方は、案件を獲得できるのか不安な場合もあるかと思います。当サービスではスキルアップ案件の提案なども行っているので、PHP案件で興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

高単価案件やスキルアップ案件を紹介!フリーランスエンジニア専用サービス「フューチャリズム 」

「報酬が低い」
「支払いサイクル遅い」
「今の現場ではスキルアップできない」

その悩み、「フューチャリズム」が解決します!

85%以上の利用者の収入アップを実現させてきた「フューチャリズム」が、高単価+スキルアップ案件を、最速支払い(15日サイト)でご提案!

おすすめの案件

この記事の監修

西方

キャリアアドバイザー
案件調査、営業サポートを行っております。幅広く案件をご提案させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します!
スキル : HTML/CSS、JavaScript、Adobe Illustrator/Photoshop/Premiere、PCキッティング 等

この記事をシェア

はてブでブックマークする

記事についてのお問い合わせ・ご相談

フューチャリズムでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

記事についてのお問い合わせ