CakePHPの案件一覧と単価 | フリーランスエンジニアのための今後のニーズ、動向

    CakePHP案件の単価相場

    単価の相場は、50万~80万円/月

    CakePHPの案件の相場は、50万~80万円/月、年収であれば600万~960万円程度と言われています。派遣や正社員の求人では50万円/月程度、業務委託の案件では、70~80万円/月の仕事が多く掲載されています。
    求人サイトをみると、ECサイト開発や予約システムの開発、メディアのCMS開発など、多種多様な案件が発注されています。

    ▼CakePHPの求人 –フューチャリズム-
    futurizm.jp/jobs-cakephp

    実務経験年数別の単価相場目安

    CakePHPならびにPHPの経験年数が、2年・3年・4年以上で案件の相場が異なります。
    2年以上は、50万円以上。3年以上は、70万円以上。4年以上あれば80万円以上の相場となります。

    スクールや個人での開発経験ではなく、cakePHPの案件は、多くがだいたい2年~4年以上の実務経験ををもった即戦力を求められ、5年、10年以上の実務経験を持っている場合は、月収100万円、年収1,000万円以上の案件もみられます。

    CakePHPの特徴

    CakePHPとは

    CakePHPは、PHP言語のフレームワークとして活用されています。PHPは、HTMLに埋め込むことができるプログラミング言語で、WordpressでのWeb制作を行う際にも活用されます。このPHP言語でより簡単にWebアプリケーションは開発できるようにと、2005年に開発されたのがCakePHPです。
    CakePHPは、Ruby On Railsに影響を受けたフレームワークで、日本語訳のドキュメントがあることや、日本語で紹介されることも多かったこともあり、日本での利用が増え、現在も多くCakePHPを利用したアプリが存在します。

    CakePHPのメリット

    2-2-1 ライブラリの管理をするComposer
    RailsのBundlerのようにCakePHPにもComposerというものがあります。Composerを活用することで既存のライブラリをアプリケーションに取り込むことができます。わざわざゼロから機能の開発をする必要がなく、ライブラリを活用することでアプリケーションを開発することができます。

    オブジェクトを利用し、重複する処理を一つにまとめることが可能

    オブジェクトを利用することで、同じ処理を複数ファイルに記載をする必要なく、一つの処理を複数箇所に当てはめて実装をすることができます。同じ処理を複数箇所に記載をする必要がないために、コード量が少なく、可読性の高いコードを記述することができるようになります。

    MVCモデルによる機能の分離ができる

    MVCとは、Ruby On RailsなどのWebアプリケーションの開発でよく目にする、「Model(モデル)」「View(ビュー)」「Controller(コントローラー)」という設計モデルのことです。モデルにはデータベースとアプリケーションとの関係性を記述し、コントローラーに処理を書き、ビューでWebページ上に表示する内容を記載をします。このように、どのファイルで何を書いているのかが一目でわかるのです。

    【最新】CakePHPの動向

    CakePHPの活用割合

    GitHubというコード管理ツールで管理されているCakePHPの動向を見てみます。

    ▼CakePHPの利用状況
    github.com/cakephp/cakephp/graphs/contributors

    上記のURLから利用状況を見るに、2014年頃に世界で活用される割合がピークを迎えて、近年では活用割合が減っていることがわかります。事実2014年をピークにCakePHPを活用したアプリ開発を新規で行う企業が減ってきています。2009年頃から2014年頃にかけて、日本では盛り上がりを見せたCakePHPは、マーケットプレイス型のアプリケーションや、SNSアプリケーション、ECサイトなど様々なアプリケーション開発で活用されてきました。

    CakePHPの今後の動向

    2009年〜2014年に様々なアプリケーション開発で活用され、今もなお現存しているアプリケーションが多くあり、活用割合が減少しているといえども、求人サイトでは現在もCakePHPの案件は豊富にあります。多様なジャンルのアプリケーション開発の依頼がCakePHPの言語で掲載されており、今後数年は続くことは確実で、すぐに需要が消えることはありません。新しくCakePHPを学習する若手エンジニアが少なくなっているなか、5年、10年の実務経験者があれば、月100万の案件もあることからも、CakePHPの実務経験をそなえたスキルを持つエンジニアの需要が高くなることが考えられます。

    CakePHPエンジニアが高案件を獲得するためのポイント

    jQueryやNode.jsなどのフレームワークを習得する

    CakePHPの案件は、HTMLやCSS、jQueryやNode.jsのスキルを合わせてもつエンジニアを募集している企業が多い傾向にあります。そのため、CakePHPの案件を探している方は、Javascriptのフレームワークも習得しておくことで、高単価の案件を受注しやすくなります。

    Linuxサーバーの知識を習得する

    CakePHPの業務を依頼している案件の中には、Linuxサーバの構築の案件が含まれていることがあります。サーバーの構築が業務内容として含まれている場合、通常のCakePHPを用いたWebアプリケーション開発の案件よりプラス10万円程度高くなる傾向があります。Linux環境は、CakePHPだけでなく、多くの企業が採用をしている技術になるので、高単価の案件を受注したい場合は、Linuxの知識も習得しておくのがよいでしょう。

    【まとめ】CakePHPエンジニアの単価は

    CakePHPエンジニアの案件は、50万~80万円/月とされています。以前より流行が過ぎたと言っても過言ではない言語ですが、まだまだ活用しているアプリケーションがこの世に多数存在します。ぜひCakePHPの案件を探してみてください。

    おすすめの案件

    この記事の監修

    西方

    キャリアアドバイザー
    案件調査、営業サポートを行っております。幅広く案件をご提案させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します!
    スキル : HTML/CSS、JavaScript、Adobe Illustrator/Photoshop/Premiere、PCキッティング 等

    この記事をシェア

    はてブでブックマークする

    記事についてのお問い合わせ・ご相談

    フューチャリズムでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

    記事についてのお問い合わせ